製品紹介 PDFダウンロード よくあるお問合せ 電話でのお問合せ ISO9001 REGISTERED FIRM 新晃電機株式会社

新晃電機株式会社

〒546-0035
大阪市東住吉区山坂1丁目5番16号
TEL:(06) 6629-1123
FAX:(06) 6623-1133
https://www.shinkoh-electric.co.jp

エレカット

我が社はクレーン・ホイスト用電装品の専門メーカーとして物流設備の省力化と作業能率向上を目的とする各種電装・機能製品を提供申し上げてまいりました。
幸い品質第一主義の合理的安全設計が各位のご理解を得て広くご愛顧頂いていますが、更に多様化する社会的ニーズに先駆けて一層の製品開発に努めてまいり、その一つとして「エレカット」をお勧めしています。
搬送機器ではとかく機械的負担の大きい電磁接触器の接点の溶着がクレーン ・ホイストの暴走につながって不測の事故をまねいています。
「エレカット」は搬送装置の動力系と制御系それぞれの信号をとりだし相互を比較確認することで異常を検出して事故を未然に防ぐ機器です。
事故の未然防止の直接的効用に加え、安全装置としての稼働・保守費用は極めて小さく、システム全体の効率的運用に大きな経済的・心理的効果があります。
尚、本製品は一般工業向けの汎用品として日本国内での使用を前提に設計・製造をしています。原子力、航空、鉄道及び医療機器等の人命や財産に甚大な影響が予測される場所や、外国ではご使用にならないでください。

※ エレカットのユーザー登録は、こちらをクリック してください。

    交流操作形電磁接触器の接点の溶着検出

    SO型S2O型S3O型AO型

    交流操作形電磁接触器の接点の溶着・ケーブルの混触検出

    SKO型

    インバータの故障検出

    VTO型V2TO型

    直流操作形電磁接触器の接点の溶着検出

    E型E2型

    直流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出

    E3型

    2004年11月よりO(オー)シリーズのエレカットを標準機種として発売しています。
    O(オー)シリーズのエレカットは従来機種の機能に加え、主電源投入時(主電磁接触器がON)にクレーン・ホイストが瞬時に作動すれば操作スイッチの故障として検出するO(オー)機能があります。この機能により押釦スイッチで模擬的に作動条件(操作スイッチを押した状態で主電磁接触器をON)を作り、クレーンにのぼることなく簡単に動作点検を行うことができます。その為、経費をあまり掛けることなく点検頻度を増加でき、安心して作業をすることができます。
    その結果、電磁接触器の接点溶着によるクレーンの暴走を防止する直接的な効用と共に経済的・心理的効果が期待できます。
    なお無線機による操作時やトロリー線による信号の伝送時には、O(オー)機能を使用できない場合もあります。

    エレカットの種類:
    ●交流操作形の電磁接触器、直流操作形の電磁接触器およびインバータ機器
    ●交流負荷用の電磁接触器、直流負荷用の電磁接触器
    ●検出する回路数は1回路、2回路、3回路

    RoHS指令には対応していません。

    交流または直流操作形電磁接触器の接点溶着検出器E型、E2型(交流負荷)、と G型(直流負荷)を除き、他の従来機種は2007年末で製造を中止させて頂きました。

    点検: 安全に関する機器のため定期点検を必ず実施してください。

    寿命: 部品の経年変化を考慮して、通常(*)の使用状態で約10年です。
            *:周囲温度;0~40℃、稼動状態;8時間/日、250日/年

    このホームページではエレカットの概要を紹介します。詳細やその他の製品については専用のカタログを参照してください。

    エレカットの型式表示

    エレカットの型式表示

    励磁電流記号の入力欄

    記号 励磁電流の検出範囲  (カッコ内は、対象となる機種)
    30 AC8mA~1A    (SO/S2O/S3O/AO/SKO)
    31 AC25mA~2A    (SO/S2O/S3O/AO/SKO)
    32 AC45mA~3A    (SO/S2O/S3O/AO/SKO)
    37 AC5mA~1A     (VTO/V2TO)
    38 AC/DC16mA~2A (E/E2/G)

    型名の入力欄

    記号 仕様の概略
    SO : 交流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出1回路
    S2O : 交流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出2回路
    S3O : 交流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出3回路
    AO : 交流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出1回路
    SKO : 交流負荷用の電磁接触器の溶着・ケーブルの混触検出1回路
    VTO : インバータ対応の故障検出1回路
    V2TO : インバータ対応の故障検出2回路
    E : 交流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出1回路
    : 交流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出2回路
    G : 直流負荷用の電磁接触器の接点の溶着検出1回路

    インバータの故障検出について

    エレカットの同一回路で複数のインバータの故障検出は漏れ電流の関係で推奨できません。仮に対象とするインバータ機器が2台なら、VTO型を2台または、V2TO型を1台と複数のインバータの故障検出を行う場合は、インバータ機器毎にエレカットを設置してください。

    エレカットの設置について

    ノイズが多い環境では、エレカットの電源にスナッバ回路(ノイズフィルター等)を通して配線してください。特にインバータ機器とエレカットを同一の電源系に接続される場合は、インバータ機器の内部で発生したノイズが電源ケーブルを伝わる電路伝搬ノイズにもご注意ください。

    負荷センサーについて

    負荷センサー

    負荷センサーは標準で検出回路数に対応した個数がそれぞれ付属します。
    付属の負荷センサーは端子カバー無しですが、 CTL及びCTL-Wについては端子カバー付きの負荷センサーをオプション(受注生産)で販売しています。

    オプション品
    手前:CTL端子カバー付き
    奥側:CTL-W端子カバー付き

    各詳細はカタログをダウンロードしてご参照ください。ダウンロードはこちらをクリック
    pagetop
サイトマップ個人情報の取り扱いに付いてお問い合わせ